FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

木天蓼

マタタビ (マタタビ科マタタビ属)

マタタビは蔓性で大木に絡まってずいぶん上の方まで伸びていきます。
花の咲く時期に花の近くの葉が白くなることで存在が分かります。
葉の白化は昆虫に、マタタビの花が咲いていることを知らせているのでしょうが、
カゴを編む人間にも存在がバレてしまいます。
白山麓ではマタタビの蔓で編んだカゴや民具を「こつら細工」と言います。
私は伝統的な手作りの民具が好きなので、いくつも買って眺めているのですが、
一番高価なのが「猫つぐら」です。マタタビで出来た「猫つぐら」に入ると猫がどうなるか知りたいものです。

マタタビ 2001


マタタビ 2002


マタタビ 2003


マタタビ 2004


マタタビ 2005


マタタビ 2006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/06/27(土) 22:35:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<瓜ノ木 | ホーム | 渦紫陽花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3396-7af67d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する