FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

半夏生

ハンゲショウ (ドクダミ科ハンゲショウ属)

七十二候の半夏生の頃に咲くので半夏生と言うらしいのですが、
もともと半夏という植物はカラスビシャクのことのようです。
花序の近くの葉が半分白く化粧したようになるので、半化粧とも言われています。
葉が白くなるのはマタタビと同じく葉の表面にビーズ状の組織がコーティングされることによるものと思われます。
葉の裏側は緑色なんですから、葉緑素が無くなっている訳ではない様です。

ハンゲショウ 2001


ハンゲショウ 2002


ハンゲショウ 2003


ハンゲショウ 2004


ハンゲショウ 2005


ハンゲショウ 2006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/07/12(日) 22:16:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<野薊 | ホーム | 姫檜扇水仙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3405-53bda79d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する