FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

鉈篭修復(その1)

新型コロナ騒動が収束し、生き延びられたら、白山麓の山師が使っているナタを入れているケース(篭)を腰につけて、山仕事をやってみたいと思っています。
今までに、檜笠のヒゴやプラバンドで作って見ましたが、やっぱりイタヤカエデで作りたいとの思いが強く材料の入手に苦慮しております。
積雪時の外出自粛期間中に、一昨年に小松市の骨董店で手に入れた山師セットを修復することにしました。

↓小松市の骨董店で購入した山師セット。カゴの縁が傷んでいるのでナタと手ノコとカマも付いて550円と超格安でした。
小松の骨董店2101

↓白峰の焼き畑の山師のナタとノコの二本差し、カッコイイです。
白山市白峰民俗資料館2101

↓白山市白峰の元建具屋さんのナタカゴのセット。父親から受け継いだという名品です。
白山市白峰2101

↓白山市民俗資料館で展示しているナタカゴの縁を鉈の刃から保護する刃垣。
白山市白峰民俗資料館2102

↓白山市深瀬の牧野さんが使用していたナタカゴ。口が傷んでいるので革とビニールテープで保護して使用していました。
白山市深瀬2101

↓白山市東二口で作業していた方の山師セット。プラバンドで編まれていますが刃垣の造りは見事です。
白山市東二口2101


↓勝山市平泉寺の骨董店で購入したものです。縁の内側に皮を取り付けています。
勝山市平泉寺骨董店2101

↓勝山市の年の市で購入したもので、福井市美山町の方の作でプラバンドで編まれていますがとても強固な造りで実用的です。
勝山年の市2101

↓ヤフオクで滋賀県の方からの購入品です。カエデのヒゴで丁寧に編まれており、カゴの口を刃から守るための工夫がよく考えられています。
ヤフオク滋賀県2101

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2021/01/13(水) 21:39:44|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鉈篭修復(その2) | ホーム | 大雪>>

コメント

手仕事

手仕事の極みですね。体が傷つかないように 便利なように 
よく考えられて 先人の知恵はすごいです またその道具の
コレクションする おるどごんさんも すごい。
要らないのに 買ってみたくなります が、オークションしたことないです。
  1. 2021/01/14(木) 20:11:22 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

小紋 さん
こんばんは。

民具が好きで、民俗資料館や骨董店を回るのが趣味です。
使いもしないのに「手仕事の魅力」に負けて買ってしまいますぅv-8
  1. 2021/01/14(木) 21:15:59 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3518-0a8760d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する