FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

花麒麟

ハナキリン (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

年中花を咲かせるので、花の少ない冬場には有難い花ですね。
花キリン1_01



花キリン1_02



花キリン1_03

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2007/01/24(水) 22:44:17|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<花キリン | ホーム | 花月>>

コメント

キリンと言う名に・・・

どうも見覚えがあったので、昨年の写真を捜しましたよ。
http://blog17.fc2.com/o/orugodon/file/20051219222054.jpg
同じ花なのかな?
よく見てみると、一枚目の写真では、上部の花は緑色ですよね。
だんだんピンク色になるのかな?
二枚目の写真の花は・・・・
青い空、白い雲、そしてミーンミーンとうるさい蝉。
扇風機に髪を揺らせながら、汗だくになってピンクの画用紙で工作をした、小学時代の夏休みの宿題を思い浮かべます。

年中咲いていると言われますが、ここは温室?
外へ置くと雪が解けるが如くジュルジュルになっちゃうんでしょうか?
  1. 2007/01/24(水) 23:41:08 |
  2. URL |
  3. miyo #syYevUeU
  4. [ 編集 ]

常夏?

miyoさん
こんばんは。
>同じ花なのかな?
同じ種類です。

>だんだんピンク色になるのかな?
>上部の花は緑色ですよね
緑色の花びらの様に見えるのは苞で、苞の中から尖がった黄色のツノみたいなのが出ていますが、それが花芽で成長して花になり、その花の花ビラがやっぱりピンクの苞です、そのピンクの苞の中の尖がった黄色のツノみたいな花芽が成長して花になり、その花の花ビラがやっぱりピンクの苞です・・・ですから2枚の苞から4枚の苞が出てり8枚の苞になり16枚の苞(一枚目の写真)になり32枚の苞(三枚目の写真)になるのです。これが燈台草科の特徴です。第一段の燈台のみが緑色で第二段の燈台からピンクになっていきます、miyoさんの添付した写真では次の花芽が黄色っぽいツノのように2本出ているのがよく分かりますね。

>二枚目の写真の花は・
>ここは温室?
温室です。
冬でも陽があたると常夏で半袖シャツでも汗がでます。
レンズも汗をかきますので暫くはズキャップをしたままで室温になじませます。

>外へ置くと雪が解けるが如くジュルジュルになっちゃうんでしょうか?
葉っぱが枯れ落ちて刺だらけの杖となります。

わっかるかな~、わかんね~だろうな~。
  1. 2007/01/25(木) 22:18:01 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/421-59d34fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する