FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

水引

ミズヒキ (タデ科タデ属)

水引についてネットでググってみました。
「飛鳥時代(607年)遣随使小野妹子が帰朝した際、随の答礼使からの贈り物に、航海の無事と平穏を祈り紅白の麻紐が結ばれていたことが始めといわれてる。この時より宮中への献上品は紅白の麻で結ぶ慣例となり、後の平安時代に「水引」と呼ばれるようになった。」

ということで、ミズヒキ草の名の由来は花弁の上が赤で下が白いことからと思います。細長い花序が水引の赤い紐に似ていることからかもしれませんが?

白いミズヒキの花は「ギンミズヒキ」と呼ばれている変種です。

最初のミズヒキの蕾と最後の銀水引の写真には、虫が二匹づつ写っているので虫嫌いな方は写真をクリックしないでね。
ミズヒキ001



ミズヒキ002



ミズヒキ003



ミズヒキ004



ミズヒキ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/09/13(木) 21:54:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<穂躑躅 | ホーム | 金水引>>

コメント

赤い花に隠れているのは「イラガ?」

見事な尺取り虫と、花アブかなんか?

ハナの事も知らないけれど、虫の事はなおわからない
  1. 2007/09/14(金) 17:41:42 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは。
この花の大きさは2~3mmですから
尺取虫ではありません。
尺は30.3cmですからこの虫はその百分の壱です。
イラガは大体20mm~50mmですからイラガとは違います。
虫のことは無視しましょうv-8
  1. 2007/09/14(金) 22:39:26 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/714-7fd9fc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する