FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

六辺香

ロクヘンコウ (H2O)

「雪は天から送られた手紙である」は、郷土の偉人中谷宇吉郎氏(元北海道大学教授)の有名な言葉です。中谷氏は加賀市片山津の生まれで、片山津温泉には氏の偉業を讃える「中谷宇吉郎雪の科学館」があります。
中谷氏は苦労の末ウサギの毛の先端に雪の結晶を、世界で初めて創ったそうです。

その「手紙」を読もうと、今日は一日中庭で奮闘しました。
気温が低すぎると雪は結晶を作る前に細かい水滴の氷の塊である霰(アラレ)となったり、十分に結晶が発達しないで粉雪となって落ちてきます。
逆に気温が高いと途中で解けて結晶の形が崩れてしまいます。
条件が揃い結晶が十分に発達してふわりふわりと落ちてきても、ファインダーを覗くと結晶同士が絡み合っていて綺麗な六角形の結晶は見えません。
直径1Cm程のふわふわの雪の塊からピンセットで結晶を一枚一枚剥がしてレンズの前に置き、結晶が形を保っている20秒以内にピントを合わせシャッターを切ることなど出来るはずがありません。
六辺香802



六辺香801



六辺香803



六辺香804



六辺香805



テーマ:マクロレンズで撮った写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/24(日) 17:44:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<ビン玉の編み込み(1) | ホーム | リトープス(白)>>

コメント

おるごどんさん、こんばんは。
手紙が読めるまで、もう少しじゃないですか?ガンバッテ!
中庭で奮闘している姿を見てみたいです。(想像中)
お体を大切に!
  1. 2008/02/24(日) 22:03:30 |
  2. URL |
  3. フォトランナー #-
  4. [ 編集 ]

フォトランナーさん
こんばんは
「天災は忘れた頃にやってくる」を最初に使ったのは
中谷宇吉郎氏ですが、
天才は忘れた頃にやってくると言われているのが「おるごどん」です。
一日中雪を見つめていると、上空の気象状況が少しづつ分ってきました。
「雪は天から送られたの手紙である」の意味を今日初めて理解したのであります。
  1. 2008/02/24(日) 23:10:26 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

今日は庭で雪さんと格闘ですか。
写真は初め、雪の科学館からもらっちゃったのかと思うくらい良く撮れています。
すごいすごいすごい
パチパチパチv-218
  1. 2008/02/25(月) 00:18:58 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

空からのお手紙はなかなか詠むのが難しいですよね~
東京のように水分を多く含んだ雪では 肉眼で結晶だ! と思ってもすぐに融けてしまいます。
雪の多いそちらでも撮るのはたいへんなようですね~
でも 結晶 きれいに写っています。
  1. 2008/02/25(月) 07:50:51 |
  2. URL |
  3. pole pole #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは
一昨日はビン玉の編み込みで丸一日遊びました。
昨日は雪の結晶撮影で一日遊びました。
「一人で遊べる、手間のかからない亭主だ」と
奥様も関心しておられます。
  1. 2008/02/25(月) 19:00:06 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

pole poleさん
こんばんは
前回は気温が高くて失敗だったんで、
今回は天気予報をみて気温が上がる前に起きようと思っていたんですが、
遅刻の天才(天才は忘れた頃にやってくる)は早起きが苦手です。
昨日はアラレ、粉雪、吹雪、牡丹雪と色々な雪が降ってくれましたが、
気温が低いと粉雪の為に結晶の写真は撮れないということがわかりました。

  1. 2008/02/25(月) 19:12:04 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/858-29eab34d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する