FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

目繰り

メグリ (舫い岩)

船を係留することを舫(もや)うと言いますが、舫うための岩を舫い岩と言います。
北前船の寄港地であった能登の福浦港は稀有の天然の良港でしたが、岩場であるために、船を係留する為にたくさんの「メグリ」を設けてありました。寄航した船からはメグリ銭という停泊料を徴収したそうです。このメグリは岩の表面に二つの穴を開けて岩の下で左右の穴を貫通させそこにロープが通せるようにしたものです。目の形のように繰り抜いたので「目繰り」と言われるようになったのではないでしょうか?
下の写真のモヤイ岩は蒲田駅前にあるモアイ像にちょっと似ているような気も・・・。
メグリ801



メグリ802



メグリ803



福浦港801



福浦港802

テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

  1. 2008/03/17(月) 22:28:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<< | ホーム | 椿>>

コメント

へぇ~~舫い岩なんだぁ~~
福浦港は通り過ぎた事はありますが、海の中に穴あき岩が有っても何も知らずに見ていたでしょうね。
今度行きたいなぁ
  1. 2008/03/18(火) 01:45:28 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
おはようございます。
福浦(ふくら)は渤海からの使節が入港していた歴史の古い港で、興味深いものがたくさんありますよ。
遊女が、海が荒れて出港できなくなることを願った腰巻地蔵、
船のの安全を守る為に毎晩焚き火をして燈台としていた偉人の顕彰碑、
日本一古い木造やぐら式灯台、
今でも遠くから祖先の墓にお参りにくる人がいる大昔の海運犠牲者の墓地など
歴史と文化と風光明媚な港町です。
  1. 2008/03/18(火) 07:34:36 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

歴史ある港町 一度たびしてみたいです。
  1. 2008/03/19(水) 08:59:57 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

小紋さん
こんばんは
日本海側の千石船の寄航した港町には歴史と文化が残っていて、とても興味深いですね。能登半島にも是非お越しください。
  1. 2008/03/19(水) 22:11:54 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/879-d4fe2657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する