「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

National Cash Regiser N-1600

ナショナルレジスター 1600号型
冬になるとすることもなくレジスターの修理で暇をつぶしております。
この1600号レジスターを2台持っていて、当初は1台を部品取りにして1台を完成させようと考えていました。
でも昭和レトロなこのレジスターにはとても良い味があるので、2台とも直すことにしました。
雪が積もって外出できない冬以外は外遊びに忙しくて、完成までに2年を要しました。

↓動画




↓カタログの表紙、ファッションがレトロです。この時代にLife誌なんて持っているのでモガでしょうか?
NCR N1600-1601

↓合計は4つ集計できます。合計の印刷はできないので表示窓で確認してメモします。
NCR N1600-1602

↓4トータルで、4人の担当者別に現金有高を集計をし、引き出し(ドロアー)が4個ついているのがオリジナルの欧州の仕様ですが、日本では引き出しが1つしかついていないタイプでした。担当者別のカギを挿入して売上登録をします。
NCR N1600-1603

↓レジスターの管理はコントロールキーで、ロックしたり、合計額を表示したり、自動精算できるようになっています。
NCR N1600-1604

↓合計機のメカニズム。油が固着していてまったく回らず、部品が曲がってしまっていました。
NCR N1600-1600


↓合計機を外し、完全分解してクリーニングと注油をしました。
NCR N1600-1606

↓数百点の小さな部品で構成されていますので、組み立てには細心の注意が必要です。
NCR N1600-1607

↓プリンターもインクが固着して回転不良です。完全分解しました。
NCR N1600-1608

↓活字をひとつひとつ確認して組み立てました。
NCR N1600-1609

↓一連番号はギアやラチェットが摩耗してうまく機能しないので、分解して再調整しました。
NCR N1600-1610

↓店名印字のプラテンロールを新規に作成する為に、ドリルを旋盤替わりにして、ゴムを丸く削り出しました。
NCR N1600-1611

↓左が変質して固くなりひび割れしたローラー、右が新規に作成したローラーです。
NCR N1600-1612

↓インクリボンカセットは別機種から外して、ガイドプレートを新たに作成して、リベット付けしました。
NCR N1600-1613

↓キーボードのチェックシートはパソコンで作成して、ラミネート加工しました。
NCR N1600-1614

↓2台の修理が完了。
NCR N1600-1615

↓バックの表示器の矢印はパソコンで作成して裏側から透明両面テープで貼り付けました。
NCR N1600-1616

↓キャビネットは、ブラシで洗っただけで艶も塗料も落ちてしまいました。
NCR N1600-1617

↓クリアー塗料を薄く吹きかけてキャビネットをレトロ調に修復しました。
NCR N1600-1605

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2016/01/25(月) 22:26:26|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

SWEDA model46 その3

スエダ レジスター

電動で動くことが確認できたので、部門キーのチップを作成し、eBayでインクリボンを落札し、使用可能なレシートを準備しました。
動くと言ってもボタンを押したらガチャンガチャンと回転するだけで、正式な使用方法が分かりません。
ネットでググっても分かりません。いろいろな操作を繰り返しているうちにようやく分かってきました。





↓インクリボン、左がeBayで売っていたもので右が元々付いていたものにインクを塗ったもの。
SWEDA 1509


↓前側の表示機のカバーが付いてなかったので透明プラスチックで作成しました。接着剤を塗る場所以外をマスキングしています。
SWEDA 1510


↓透明カバーを接着したところ。
SWEDA 1511


↓完成でっす!
SWEDA 1512

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2015/10/26(月) 17:46:47|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

SWEDA model46 その2

スエダ レジスター

手動で動けばすぐに電動でと思いますが、電動で失敗するとモーターが焼けてしまってレジスターがガラクタになってしまいます。
モーターも分解してブラシやオイルのチェックをします。
モーターが正常に動くのを確認したらレジ本体に取り付けます。
コンセントを入れるとクラッチ不良でモーターから故障の狼煙があがりました。
クラッチも分解注油しました。



↓注油とグリスアップをしてハンドルで支障なく動作することを確認します。
SWEDA 1505


↓モーターとギヤボックスを分離します。
SWEDA 1506

↓ギヤボックスを分解してグリスアップとオイルを注入します。
SWEDA 1508

↓クラッチに注油と電源接点のクリーニングをします。
SWEDA 1507

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2015/10/26(月) 17:05:23|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWEDA model46 その1

スエダ レジスター

スエダのレジスターは1970代のメカレジです。
DIYが趣味のオルゴドンは隠居したらアンティークやビンテージのレジスターを修理しようと壊れたレジスターを集めています。
今まで集めた十数台はNCR(National Cash Register)ばかりでしたが、オークションにとてもレトロなレジスターが出品されていたのでポチッと押してしまいました。
壊れていると言っても鍵とハンドルが付いていれば修理可能です。(カギとハンドルが無いレジスターはガラクタです)

綺麗に洗って注油したら、動くようになりました。原因は分かりませんが・・・・・




↓とっても素敵なステンレスのメカニカルレジスターです。
SWEDA 1501

↓動く気配がないのでカバーを外して見ました。どこが壊れているのか分かりません。
SWEDA 1502


↓油がグリスのように固まっているようです。
SWEDA 1503


↓とりあえず綺麗に洗って、ミシン油を吹き付けました。
SWEDA 1504

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2015/10/26(月) 16:36:35|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その3)

日本ナショナル金銭登録機 1900号、形式番号:1945-(3-1B)RP-1b 

隠居じいさんになったら、暇つぶしに骨董レジの修理をしようと集めている壊れたレジですが、隠居する前に直してしまいました。



アンティークレジスターはモーターが付いていませんのでハンドルで動けば修理完了ですが、ビンテージレジスターの場合はモーターで動かないと直ったとは言えません。
このレジスターはヒューズが切れていただけなのでモーターを分解清掃し、スイッチを交換して電動レジスターとして完成しました。



↓大きなモーターです。50サイクル用ですが、スピード制御のメカが付いているので適当に回転速度を調整できます。
モーターの軸の下には油タンクが付いておりここからフェルトを通じて回転軸に注油されますので100年使っても大丈夫?
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1531


↓回転制御機構の清掃。モーターの回転が上がると遠心力でスイッチが切れたり入ったりするようになっています。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1532


↓整流子(ブラシ)取付け部の清掃。ブラシはあまり減っていないので交換の必要はありませんでした。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1533


↓モーターのメインスイッチと回転制御部のスイッチを交換。接点が火花で擦り減っていましたので新品に交換しました。ブレードの方は新品がないので中古部品を磨いて取り付けました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1534


↓モーターのケーブルはボロボロなので途中で切って新しいものと交換しました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1535


↓ヒューズは切れていましたが、こんな大きな形状の物は売っていないので、小型のガラス管ヒュースをバイパスで取り付けました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1536


↓レシートの日付と店名用のインクロールにインクを浸み込ませます。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1537


↓インクリボンも新品に交換しました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1538


↓修理完了です。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1539



日本ナショナル金銭登録機 1900号  1540



日本ナショナル金銭登録機 1900号  1541

日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その1)
日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その2)

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2015/01/25(日) 22:16:59|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その2)

日本ナショナル金銭登録機 1900号、形式番号:1945-(3-1B)RP-1b 

ネットオークションで手に入れた動かないレジスターですが、分解修理をすることにしました。
分解してクリーニングし、注油することで、手動では正常に動くようになりました


このレジスターのネジは全てマイナス(-)ネジです。それもインチネジです。
代替えがありませんのでネジ頭を痛めないように、ネジ頭に合うネジ回し(ドライバー)を使わないといけません。

↓私が使用しているのは以下の4本です。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1521


↓キャビネットを外してどこでフリーズしているかを探ります。どうやら、至る場所でオイルが固着しているようです。ひどい場所では接着剤でくっ付けたようにビクともしません。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1522


↓分解できる箇所はなるべく分解してクリーニングして注油すればよいのですが、元に戻せないような複雑な箇所はそのままの状態で洗い油を吹き付けて少しずつ動くようにします。この1900号レジスターは4000もの部品で作られていますので全ての箇所をクリーニングして軽く動くようにするには大変な時間が必要です。下の写真は合計加算部ですが、構造が分らないとどこが動く部分なのかも分かりません。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1523


↓下の図(FIG. 6)は合計加算機構(上の写真)の簡単な摸倣図です。
合計器の桁上げについて説明します。
水色の歯車112が合計カウンターで0~9までの10個の歯が付いています。一つだけ長い歯がありますがそれが0の歯です。
加算中歯車が回って9から0になるとき0の歯がオレンジ色の部品120の左下端を押し下げます。オレンジ色の部品120は軸332を中心として反時計方向に動きます。紫色の部品121はオレンジ色の部品120が反時計方向に動くことによって先端部のフックが外れる為スプリング123に引かれて軸334を中心に時計方向に回転します。
紫色の部品121が時計方向に回転することによって緑色の部品124は下端のフックが外れて、スプリング95によって上方に引き上げられます。緑色の部品124に嵌まっている黄色い部品96は緑色の部品124と同時に上方に移動します。このときに水色の合計カウンター112の上位の桁である青色の合計カウンターを一歯車分回転させます。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1524


↓キーボードを分解してクリーニングします。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1525


↓洗い油で綺麗にして、注油を完了しました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1526


↓キーボードを取り付けました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1527


↓コントロールロックを分解しました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1528


↓コントロールロックを取り付けてメカの修理完了です。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1529


↓プリンター部は分解せずにクリーニングのみで綺麗になりました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1530

日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その1)
日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その3)

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2015/01/24(土) 22:00:46|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その1)

日本ナショナル金銭登録機 1900号、形式番号:1945-(3-1B)RP-1b 

昨年の7月にネットオークションで手に入れた古いレジスターの修理が完了しました。

↓レトロ感たっぷりの木目塗装の重たいレジスターです。電源ケーブルをコンセントに入れても動きません。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1501


↓ギアが噛んでいるのか?途中で止まっているらしく金額表示機の数字がずれています。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1502


↓引き出しの底に貼ってある保証書には保証期間は壱年との記載があるが、発効日が書かれていない。たぶん保証期間は過ぎているものと思われる(笑)
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1503


↓製造番号:Y5178673 から推察すると日本ナショナル金銭登録機蒲田工場(東京都大田区仲六郷)で1953年(昭和28年)に組み立てられたようです。当時、蒲田工場は保税工場として米国National Cash Register社のレジスターをノックダウン生産していました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1504



↓米国ではNational Cash Register (NCR)1900号は金銭登録機(レジスター)以外にも郵便局の料金前納用機、バスの切符発行機等でも使われたNCRのベストセラー機です。今でも古い木目塗装を剥がしてクロームメッキをしたピカピカの1900号がバーやドラッグストアーで使われているようです。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1505


↓当時のカタログによると、サ・カ・エ・ルの4つの合計を部門別や取引別に分類して使用できるようです。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1506


↓使用説明書の図説の用語が時代を感じさせます。ドロアーは「現金抽斗」、現金を置くプレートは「(現金)吟味台」と書かれています。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1507


↓ネットを駆使して古いカタログや使用説明書を準備しました。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1508


↓修理するにはクランクハンドルやキーが必須です。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1509


↓交換部品も準備が必要です。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1510


↓必要であればレシートロールやインクも準備が必要です。
日本ナショナル金銭登録機 1900号  1511


日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その2)
日本ナショナル金銭登録機 1900号 (その3) 

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2015/01/24(土) 18:24:18|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する